中里一日記: 2007年10月 Archives

2007年10月30日

メンヘル行為その3

 1年ほど前、ノベルス・文庫作家人気番付の全データ公開を予告した。予告には「年内を目指す」と書いてあるような気がするが、私はシャルル(マリナシリーズ)ではない。
 この予告から今までのあいだに、いろいろなことが起きた。
 
・計算にバグがあり、負けが不当に重くカウントされていたことが発覚
 たとえば北方謙三や中里融司がこれで割を食っていた。北方謙三は『水滸伝』のヒットもあり、現在トップ20に食い込んでいる。
 
・計算方法を変更、BL作家人気番付と同様のものに戻した
 上記のバグを直したところ、人気変動に対する追従性が低すぎると感じた。たとえば予告でトップのあさぎり夕はここ数年かなり負けている。この変更により、近年連勝中の鎌池和馬や今野緒雪が浮上し、あさぎり夕や神坂一が沈んだ。
 
 では、お楽しみいただきたい。
 作家人気番付

Posted by hajime at 21:42 | Comments (0)

2007年10月24日

難しいプログラミング入門

 『やさしいプログラミング入門』といったタイトルの本を見るたびに、『鈍才の数学』のことを思い出す。
 これは中学か高校のとき教師から聞いた話だ。
 かつて、『鈍才の数学』という学習参考書を書いた人がいた。著者がいうには、「天才にとって数学は簡単なので、鈍才が数学に苦しむ理由がわからない。しかし自分は鈍才なので、それがわかる。だから天才よりも私のほうが、鈍才の読者諸君をうまく教えることができる」。納得できる話だ。本の内容も大変優れていた。しかし『鈍才の数学』はまったく売れなかった。そこでタイトルを『英才の数学』に変えたところ、ただちにベストセラーになり、数学の学習参考書の定番になった。どうやら、学習参考書を選ぶときに、自分を鈍才と認めることのできる人は少ないらしい。
 『やさしいプログラミング入門』には、『英才の数学』的なごまかしを感じる。数学もプログラミングも、ほとんどの人にとっては難しいものなのに、それを認めていない。『鈍才の数学』の精神でもって『難しいプログラミング入門』と銘打った本はないものか。もしあれば、それはどんなものになるだろう。

 
 プログラミングのどこが難しいのか。逆にいえば、どこが易しいのか。独断で言ってみる。
 
易しい例:
・チューリングマシン(TM)は易しい。状態、メモリアドレス、実行順序などの概念は易しい。アセンブラは、理解するだけなら、一番易しいプログラミング言語である。
・参照透明な式は易しい。表計算は、関係や状態だけで実行順序がない、一種の純粋関数型言語といえる。同様のことはHTMLにもいえる。
 
難しい例:
・破壊的なTMの上で、参照透明な式が「評価」されることを理解するのは、難しい。
・実行順序が半順序になるケース(共有メモリと同期による並行プログラミング)は難しい。実行順序があるプログラミング言語のなかでは、半順序なるものを想定することさえ難しい(演算子の評価順序など)。
 
本質:
・原理的に異なる2つの領域が混じるときに難しさが発生する。実行順序のある領域とない領域は、片方だけなら易しいが、混ぜると爆発する(式の評価、副作用、半順序)。
 
 『難しいプログラミング入門』では、2つの異なる領域をそれぞれ独立して教えたあとで、2つを混ぜることになるだろう。たとえばこんな具合だ。
 
第1章:チューリングマシンと入出力
 Z80のアセンブラをいじりながら、TM、入出力、データ構造の概念を学ぶ。簡易的な電卓を作る。
第2章:表計算、HTML、SQL
 表計算とHTMLとSQLをいじりながら、関係と状態の概念を学ぶ。
第3章:表計算の実装
 Z80のアセンブラで簡易的な表計算ソフトを作る。
 
 読者はほぼ全員、プログラミングがどれほど難しいものかを思い知らされつつ、第3章で爆死するだろう。「あたまじゃわかっているんだが」とはこのことだ。2つの領域をどちらも完璧に理解しているのに、その混合物を思い描くことができないという、悪夢のような体験である。
 C言語のポインタの難しさも、同じ本質から生じている。C言語のポインタという概念は、状態やメモリアドレス(TM領域)と型(コンパイラ領域)を混ぜている。
 再帰の難しさも同じだ。コールスタックは、実行順序と変数スコープを混ぜている。
 
 「プログラミングができる」と「プログラミングの難しさを知っている」は、まったく違う。後者のほうがより重要で、面白い。

Posted by hajime at 15:41 | Comments (0)

2007年10月12日

連想ブロック

1. 平野 文:『うる星やつら』ラム役の声優
2. 幸田 文:幸田露伴の娘
3. 平野 綾:涼宮ハルヒ役の声優
 
 1と2の組み合わせにより「ひらの あや」という音が1へと誘導され、3の字面がブロックされて出てこない。

Posted by hajime at 06:42 | Comments (0)

2007年10月09日

父の娘たち

 笙野頼子『幽界森娘異聞』(講談社文庫)を読んだ。森茉莉を(かなり忠実に)モデルにした作家・森娘のありようを笙野頼子が探求する、という話である。
 本筋とは無関係に気になったこと:
・森茉莉の父親:森鴎外
・笙野頼子の父親:富裕な実業家
・栗本薫の父親:高度成長期の大企業の重役
・佐藤亜紀の父親:富裕な実業家
 (栗本薫は途中で長々と引きあいに出される。佐藤亜紀は解説を書いている)
 気になっただけで意味はない――と格好つけたかったが実はある。私の側に。
 たったこれだけの共通点でもって、「同類どもめ」と思ってしまう人間がこの世には存在する。少なくともここに一人いる。「父の娘」の父でも娘でもないことを、喜びも悲しみもしない私だが、どういうわけか、そういうアングルでものを見てしまう。あまりにも無自覚な「父の娘」をひとり、長く身近に見てきたせいかもしれない。「父の娘」同士で乳繰りあってなにがわかるものか、と思ってしまう。
 まだ文学者がスターだった頃、まだ太宰が生きていた頃、「インテリ男性同士で乳繰りあってなにがわかるものか」と思っていた人はたくさんいただろう。それはもちろん持たざる者のひがみにすぎないのだが、ひがみは逆恨みになり、見当違いの時と場所で噴出する。著者がかねて問題にしている純文学不要論は、そういう逆恨みの噴出のように思える。
 だとすれば、いずれ「父の娘」の番もくるのだろう。そのときの自分が、逆恨みをぶちまける間抜けを演じていないことを祈る。

Posted by hajime at 00:57 | Comments (0)

2007年10月03日

少コミを読む(第32回・2007年第20号)

 次回予告、千葉コズエの新連載のアオリ、「麻衣の彼氏は スーパー受験生のゆーくん」というのが面白い。どうすると受験生がスーパーになるのか考えてみる。
 
・受けるのは東大理3後期だけ、ほかは一切受けない
 スーパーだが受験生というよりチャレンジャーだ。とはいえ理論的にはありうることらしい。
 
・全国模試で連続トップ、3連覇を狙う
 本番よりも模試のほうを優先していそうなところがまるで『とどろけ! 一番』でスーパーだ。
 
・『ドラゴン桜』なみの底辺からのアタック
 これが一番シビアにスーパーで、女といちゃついている暇はなさそうだ。
 
 では第20号のレビューにいこう。

 
池山田剛『うわさの翠くん!!』連載第27回
 あらすじ:彼氏役()と当て馬(カズマ)が会い、敵役に注意するよう促す。司は現在の学校でサッカーを続けることを決める。
 何巻まで続くのか知らないが、話がさっぱり進まない。
 採点:★☆☆☆☆
 
・車谷晴子『危険純愛D.N.A.』連載第3回
 あらすじ:デートを中断させたのをきっかけに、彼氏役(千尋)が主人公(亜美)に接近、亜美も千尋に惹かれる。
 3回目にしてようやく女装設定が少しだけ利用された。
 これも例によって例のごとく、敵役(臣吾)をどう捌くかが難しい形だ。
 採点:★★☆☆☆
 
・水波風南『今日、恋をはじめます』連載第2回
 あらすじ:髪切り事件でクラスから孤立する主人公(つばき)。それをテコにして彼氏役(京汰)がデートを迫る。
 つばきの心理が重苦しい。作者の意図はわかるが、読者がついてこられるのかどうか。私もこのレビューがなければ脱落していると思う。
 採点:★★★☆☆
 
・悠妃りゅう『こい・すた』連載第2回
 あらすじ:主人公()が好きだった男の前でだけ、つきあっているふりをしてみせる彼氏役()。そこに別の男(護国寺)が現れて雫に告白する。それがきっかけで雫は空に告白する。
 少コミレビューを始めてまだ2年も経たないのに、「つきあっているふり」という設定を何度見たかわからない。そして、「つきあっているふり」という状況から、印象的なものを引き出した例を見たことがない。つまり便宜的なものに終始している。
 護国寺の扱いを軽くしたのはうまい。捌ける形になっている。
 採点:★★☆☆☆
 
青木琴美『僕の初恋をキミに捧ぐ』連載第50回
 あらすじ:いちゃいちゃする。逞は心臓移植の決意を宣言する。
 7ページ目、喫煙するとその友人を見て、度肝を抜かれた。中高年向けならともかく小中学生向けのまんがで、格好いいとされている登場人物が、紙巻きタバコ? 昭和か!
 今回の引き伸ばしっぷりを見るかぎり、残すところ8~9回には見えないので、11巻突入だろう。
 採点:★★★☆☆
 
・くまがい杏子『放課後オレンジ』連載第4回
 あらすじ:陸上部のマネージャの市川先輩はいつも彼氏役()の弁当を作ってきている。それを見た主人公(夏美)は自分も翼のための弁当を作ろうとするが、うまくいかない。その必死な様子を見た滉士が、自分も走り高跳びをやると宣言。
 扉絵に話数が書いていない。編集のミスだろうか。
 おむすびは揚げ物や煮物よりも難しい、と思うのは私だけだろうか。作り方が単純なもののほうが、「コツ」の差が如実に出てしまう。
 感情の流れが自然で、共感できる。絵の説得力も素晴らしい。
 採点:★★★★☆
 
咲坂芽亜『姫系・ドール』連載第11回
 あらすじ:彼氏役(蓮二)が父親とのトラブルを抱えているらしいことが示される。主人公()は自分に足りないものを自覚し、それを手に入れるために日本に戻ると宣言する。
 次回最終回の表記を探したが見当たらないので、どうやら3巻(18話弱)まで続くらしい。
 話に軸がないので、なにが起きているのかよくわからない。
 採点:★☆☆☆☆
 
・しがの夷織『はなしてなんてあげないよ』連載第7回
 あらすじ:主人公(京華)を人とも思わない敵役(鳴海)。しかし京華が彼氏役(大輔)に惚れているのを見て、京華を欲する。
 主人公の保護者の兄二人はどこへ行った、と首をかしげる。
 採点:★★☆☆☆
 
・新島由子『この夜の1つの恋に…』読み切り
 あらすじ:仲間6人でのキャンプで、彼氏役が主人公に告白。
 ティーンズラブ誌に載っているような実話原作系の話作りをしている。こういう話を読むと、少コミはドラマチック指向なのだと改めて認識させられる。
 ちまちました話なので当然といえば当然だが、細部の作り込みがしっかりしていて破綻がない。
 採点:★★★☆☆
 
・真村ミオ『クラッシュ☆』読み切り
 あらすじ:学校では王子様の彼氏役。あるとき彼氏役を尾行していた主人公は、彼氏役がすさんだ本性を現すのを目撃し、そのまま彼氏役の別荘へと連れていかれる。「お前には本当の俺を見ていてほしい」でハッピーエンド。
 世話焼きの権力的な嫌らしさを作者は意識していないらしい。主人公が彼氏役を弟と同じように世話しようとする(そしてうまくいく)、彼氏役の秘密の「本当の俺」を知っているのは主人公だけ、などなど。
 話も工夫が乏しい。
 採点:★☆☆☆☆
 
織田綺『LOVEY DOVEY』最終回
 あらすじ:全員集合で楽しく終わり。
 これといった逆転劇もなく、適当にまとめて終わった。
 採点:★★★☆☆
 
・白石ユキ『お嬢様のヒミツ・』最終回
 あらすじ:主人公()が彼氏役を意識する。その直後、晴の父親の転勤が決まり、再び引っ越すことになる。しかし晴は彼氏役と離れ離れになるのが嫌で、工事現場で働いて自活しようとする。彼氏役はそれを見つけて、父親と一緒に行くように諭し、離れていても好きだと告白する。
 バランス感覚がいいので、まんが的な誇張(工事現場でバイトする等)がよく効いている。
 採点:★★★★☆
 
第33回につづく

Posted by hajime at 17:35 | Comments (0)